駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>無断駐車による損失金額とは?

駐車場ゲート通信

無断駐車による損失金額とは?

無断駐車対策

2014年5月19日

おはようございます。
パブリックシステム、システム事業部営業担当の城島と申します。
いつも弊社の駐車場ゲート通信をご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今回ご説明させていただく内容は、無断駐車により発生する損失金額です。
愛知県名古屋市の場合を例に取り、ご紹介させていただきます。

■無断駐車による損失金額の試算

●駐車場1車室に必要な敷地面積
愛知県名古屋市を例に取ると、駐車場1車室の場所を確保するのに必要な敷地面積は、
約25㎡と言われています。
1車室/25㎡の土地を購入する必要金額は、750万円の計算になります。(1㎡辺り30万円の場合)

●路線価1㎡辺りの平均価格
固定資産税や都市計画税を算出するにあたって必要なのが路線価です。
名古屋市の路線価1㎡辺りの平均価格は11万円前後と言われています。

●土地所有における納税額の算出
毎年1月1日に、土地を所有していることで、固定資産税都市計画税納税する義務が発生します。
この固定資産税と都市計画税を算出する為に必要なのが、固定資産税評価額(路線価×0.7)です。
固定資産税評価額に標準税率を掛けたものが固定資産税となります。

※固定資産税評価額:路線価(110,000円)×0.7=77,000円
固定資産税:1,925,000円(77,000円×25㎡)×1.4%=26,950円
都市計画税:1,925,000円(77,000円×25㎡)×0.3%=  5,775円
この①と②を合わせた金額が駐車場1車室当りに必要な年間納税額です。
その額、なんと32,725円にも!

●無断駐車が1台あることでの損失
無断駐車が毎日1台あるとしたら、1車室につき土地を取得する為にかかる初期投資750万円と、
毎年必ず納税義務があるランニングコスト約3万3千円(1台)もの損失が発生するのです。
実際に、私が日々お客さまである病院を訪問する際に、駐車場の管理ご担当者から
「無断駐車が毎日何台かはある。」
といったお声を聞きます。
実は、このように無断駐車されることによって、利益を生む駐車場が目に見えない損失を生むのです。

無断駐車による損失がわかり「困った」イメージ画像

■有料駐車場の無断駐車対策には?

弊社パブリックシステムでは、無断駐車による損失金がないように無断駐車対策として、それぞれの
駐車場に適合するカーゲートシステムの導入をご提案いたします。
例えば月極駐車場の場合では、写真のような無線リモコンで開閉する、簡易なリモコンゲートシステム
をおすすめしております。

無断駐車を排除する簡易なカーゲートシステムの導入例:リモコンゲートシステム

また弊社では、観光地や病院、官公庁等に適した料金精算システムや、その他お客さまのご予算や
運用等、ご要望に合わせたカーゲートシステムをご提案させていただきます。
無断駐車以外にも駐車場に関してお悩みでしたら、ぜひ弊社までご相談下さい。
精一杯対応させていただきます。
最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。(文責:営業部 城島)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入

PAGETOP