駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>ループコイル埋設要領①

駐車場ゲート通信

ループコイル埋設要領①

技術情報

2016年10月13日

■新設敷設施工手順(モールタイプ)について

弊社では、車路管制システムなどで車両を検知させるために下記の手順でループコイルを埋設しています。ループコイルを地中に埋設することで、金属物体を検知することができます。
ループ感知器に接続することで、物体検知信号を入力することができ、この信号を利用して管制システムの制御をおこなっています。
今回は『新設 敷設施工(モールタイプ)』の埋設方法をご紹介します。

新設 敷設施工(モールタイプ)

(1) 予めぷらモール(3号)にループコイルをセットしておく。
製作品を使用する時は、資料「ループコイル組立」を参考にセットする。

ループコイル組込モール断面図

[ループコイル組込モール 断面図]

(2) 設置図面に従い墨出しする。

(3) ループコイル埋設場所の土間転圧後、墨出し位置をバール等、掘削道具で20mm程度
掘り起こす。

路盤掘削 断面図

[路盤掘削 断面図]

(4) ループコイルを溝へ設置する。(施工写真は必ず撮り資料として保管する。)

 (5) リード線部を基礎配管に入線し、制御機器部へ立ち上げる。(統合部はしっかりと養生する。)

(6) 絶縁抵抗を測定する。(大地間)
【絶縁範囲】 晴天時 : 100MΩ以上 (DC500V 直流抵抗 2Ω以下)
雨天時 :   20MΩ以上 (DC500V 直流抵抗 2Ω以下)

(7) 掘り起こした砕石をループコイル上に補填し、転圧する。

掘削部 砕石戻し転圧 断面図

[掘削部 砕石戻し転圧 断面図]

(8) アスファルト施工時は必ず立ち会う。

表層打設 断面図

[表層打設 断面図]

※アスファルト2層打ち施工時は、必ず下層部にループコイルを設置する。
詳細な施工方法は、写真資料「ループコイル埋設手順(新設アスファルト2層打ち)」を参照。

表層2層打ち 施工図

[表層2層打ち 施工図]

注:施工は建築工事工程に合わせ、アスファルト施工前日及び当日にループコイル埋設工事
を行う。
工事現場は複数の工事業者が作業を行っているため、アスファルト施工前日以前に埋設
すると、ループコイルに障害(絶縁不良)が起きることがある。

次回は、カッター施工手順(直埋設)についてご紹介する予定です。
ループコイル埋設技術は、弊社が長年駐車場設備機器工事等で培ったノウハウがあります。
ご興味を持たれましたらご相談ください。(文責:製造部課長 角)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入

PAGETOP