ロードブロッカー

ロードブロッカーは、地中に埋設した防壁がせり出し車両の侵入を防ぐ規制装置です。高度なセキュリティを要求されるテロ対策などに効果的で、原子力関連施設、空港、大使館等、発電所、浄水場、重要インフラ施設での不審車の侵入阻止に利用されています。

ロードブロッカー

HOMEセキュリティゲート機器カーゲート>ロードブロッカー

重要なエリアへの強行侵入車両を防止

重要なエリアへの強行侵入車両を防止

●地面からせり出したロードブロッカーで道路を規制
●従来型のバー式カーゲートでは防ぐことができなかった、強行突破を試みる悪意ある侵入車両の防止
●ブロック部分のストライプ模様はに侵入防止の抑止効果を発揮

ロードブッカー動画

製品の特長

●米国の衝突試験規格であるDOSで規定しているK4規格(RSB_M30)[*注1]、K12規格(RSB_M50)[*注2]をクリア
●主な構造材に高張力鋼板を採用し高い耐久性を実現
●車両通行部分には特殊加工を施し車両のスリップを防止
●無停電電源装置を内蔵し停電時における緊急閉鎖が可能
●視認性を高めるため、カーゲートや信号灯と組み合わせて運用することを推奨
●ブロッカー上部に夜間でも目立つLED照明を装備

[DOS「 K」Crash Test基準]
*注1:K4(RSB_M30)/重量が6800kgの車両を時速48kmで衝突させた時に車両の主構造がバリケードやフェンスの設置位置より36インチ(91.4cm)以上前方に突出してはならない。

*注2:K12(RSB_M50)/重量が6800kgの車両を時速80kmで衝突させた時に車両の主構造がバリケードやフェンスの設置位置より36インチ(91.4cm)以上前方に突出してはならない。



automatic systems社
※ロードブロッカーはベルギーのautomatic systems社の製品を使用します。

カーゲートとの連動運用

カーゲートとの連動運用

ロードブロッカーは、単体ではなく他の設備と連動をさせるケースがあり、設置場所ごとにシステム設計、検証が必要です。
たとえばカーゲート、信号灯、ループコイル、車両検知器、センサ類、操作盤などと協調連動ができるかどうかが重要です。
当社では入退場管理に特化した連動制御の設計を得意としており、総合的なシステム提案が可能です。

■動作&開閉フロー

動作&開閉フロー1 ①ゲート手前で停車し、守衛によるチェックを受ける。

動作&開閉フロー2 ②チェックがOKならば、守衛の操作によりロードブロッカーを下降させる。

動作&開閉フロー3 ③ロードブロッカーが完全に下がると、ゲートバーが開き、信号が青に変わる。

動作&開閉フロー4 ④車両がロードブロッカーの上を通行すると信号が赤に変わる。

動作&開閉フロー5 ⑤車両が完全に通行すると、ゲートバーが下がる。

動作&開閉フロー6 ⑤ゲートバーが完全に下がると、ロードブロッカーが上昇する。

機器構成

機器構成

標識・信号

標識・信号
当社は、カーゲートのパイオニアとして20年以上の実績を活かし、さまざまな機器との連動制御、機器設計、制作など一貫して御社のご要望にお応えいたします。お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

セキュリティゲート機器

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入

PAGETOP