駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>ループコイルあってこそのカーゲート

駐車場ゲート通信

ループコイルあってこそのカーゲート

カーゲート機器

2014年4月2日

■カーゲートは“制御”で動く

カーゲートを動かすためには、動作の指令(開きなさい、閉まりなさい)の動作指令を出すシステムが、
目的の指令を出すことによって動きます。これをカーゲートの“制御”といいます。
カーゲートだけでは動作することが出来ず、ただの「動かない機械」になってしまいます。
そこに制御を加える事でゲートバーが開閉し、車両の入退管理が行えます。

ループコイルの検知によって制御され動くカーゲート

■ループコイルの役割

カーゲートの制御に必要な機器類には、リモコン受信機・カーゲート制御部・ICカードリーダ・
タッチレス制御盤
などがあり、これらを組合わせて制御システムを構築します。
これらの中でも制御をするために必要不可欠なものが“ループコイル”です。
ループコイルは、車両を検出するためのセンサです。
そのセンサを利用して、駐車場などで車両がどこにいるのかを検出しながら駐車券を発行したり、
カーゲートを開けたり、閉めたり、車両の台数をカウントするなどのシステム構築を行います。
ループコイルの形状は、特殊な電線をループ状に丸めた形をしています。
このループコイルとループ感知器を組み合わせると、車両の金属部分を検出するセンサとなります。
ループコイルは、車両の通過する道路に埋設します。
埋設位置は、道路面から大体5cm~10cmくらい下に埋まっています。
ループコイルを埋設するには、カッター施工(道路面をアスファルトカッターでカットし埋設する方法。)
や、新設埋設(アスファルトを打設する前に路盤に埋設する方法)などがあります。

写真左から大型車両検知センサ、直下検知センサ、ループコイル埋設

■カーゲートの“制御”に不可欠なループコイル

カーゲートを利用してゲートを無人で開閉制御するためには、車両の位置を確実に把握して
カーゲートを動かす必要があります。
そのためには必ずループコイルセンサが必要です。
ループコイルセンサを下記の様な位置に設置し、車両がゲートの前にいるのか、通過中か、通過完了か、車両の位置を確実に検出します。

ループコイルの設置イメージ図
その位置情報をもとに、車両がゲートを通過しゲートバー下に車両がいないという条件で、カーゲートを
閉める制御を行います。
またループコイルは、車両の金属部分に反応する特性から人や落ち葉、ゴミなどの物体に誤検知しない
というメリット
があります。
このようにカーゲートを制御するためには必ずループコイルセンサが必要となってきます。
ループコイルセンサがどういうものなのかはこちらのページに記載してあります。
そのほかカーゲート、ループコイル、駐車場機器についてご不明な点、ご質問などあればお気軽に
担当までお問い合わせください。(文責:営業部 玉腰)
お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP