駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>豚の伝染病対策にカーゲートを

駐車場ゲート通信

豚の伝染病対策にカーゲートを

カーゲート機器

2014年4月7日

■広がる豚流行性下痢(PED)

4月2日の農水省の発表で、豚流行性下痢(PED)の発生が十七県に拡大し、
四万頭近くの豚が犠牲になったことが明らかになりました。
豚流行性下痢とは、子豚が感染すると高い確率で死亡に至ると言われています。
大人の豚が感染しても自然治癒することが多いのですが、母豚が感染すると乳が出なくなり、
栄養を取れなくなった子豚が死ぬこともあります。
人への感染の心配はありませんが、豚肉の価格高騰等を招く恐れがあります。

■感染を予防するには

PEDは、豚のふん等を通して広がります。
ふん等に含まれるウィルスが餌に混じることで、経口感染をします。
ウィルスは豚の移動や、畜産施設への車の出入りなどによって、施設内へ持ち込まれます

対策としては畜産施設へウィルスを持ちこませない為に、
施設の入口で車や器具を洗浄・消毒を徹底することが有効です。

■消毒槽で車を確実に消毒

近年、鳥インフルエンザ口蹄疫などの流行により、畜産施設の出入り口に消毒槽
設けることが増えてきました。

この装置は、消毒槽前のセンサーが車両を感知すると、消毒液が散布されるアーチ状の装置が
一般的ですが、通過するだけでは十分な量の消毒液を車両にかけることができません。
十分な量が散布されるまで、アーチの下で一旦停止することが必要です。

その為に消毒槽の出口にカーゲートを設置し、センサーと連動して消毒液散布中は
ゲートが閉じている
ようにすることで、確実な消毒が可能となります。


カーゲートとの組み合わせ例

弊社でも、実際に養鶏場の消毒槽向けのカーゲートを導入した事例があります。
他にも牧場や養豚場、食肉加工センター等の消毒槽でのご利用が想定されます。

消毒槽とカーゲートを連動させ、確実な消毒を行うことでPEDなどの家畜の伝染病を
予防したいとお考えの方は是非担当までご相談ください。(文責:リモコンゲート担当 岩崎)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP