駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>「無線タグ」をもっと知ろう!

駐車場ゲート通信

「無線タグ」をもっと知ろう!

技術情報

2014年7月22日

前回に引き続き、RFIDと無線タグに関する内容を更に掘り下げて、例えを使ってご説明いたします。

■「カード(無線タグ)」と「読取機器」は「鍵」と「錠」の関係

無線タグとは、ICカードなど数字や文字を記憶しているカードのことで、そのデータを読み取るカード
読取器とは、電線などで接続しなくても読み取ることができます。

タッチレス(RFID)ゲートシステムで使用する機器類.jpg

イメージとして、このカードは「鍵」のようなもので、カード読取機が「錠」に相当します。
機械的な錠は同じ番号の鍵しか使用できませんが(マスターキーと呼ばれるものは別ですけど…)
カードにおいては錠側でいろいろな鍵番号を用意できますので、多数の鍵(カード)を発行出来ますし、
万が一カードをなくしても基本的に問題が発生しません。
(機械的な錠は鍵をなくしたりすると安全のため交換しなくちゃいけませんね。)
カードの場合は、落としたカードを使えなくするだけでよいのです。
この設定は、カード読取器にて簡単に出来ます。

また、機械的な錠は鍵を取り出して操作しなくてはいけませんが、無線タグを利用したシステムでは
ポケットの中等に入れておいても読取り器が読んで錠を開けてくれます。便利ですね!
そしてカードは、鍵穴という機構がありませんので、機械的に壊される危険も減ります。

■使用目的により違う無線タグの飛距離

無線タグとカード読取器が反応する距離は、使用目的により何種類か存在します。
近くはミリ単位(電子定期券とかクレジットカードなどがそうですね。)でしか反応しないものから
メートル単位で離れた所から反応するもの(ETCカードなど。厳密にはETCの場合は車載器です。)まで
使用目的により使い分、けています。
人が出入りする扉が、数十メートル離れた所のカードで開くようじゃ困りますし…。
それらはミリ単位からせいぜい1m程度の範囲で反応するカード読取器を使います。
反対に、車両などに使用するところでは5m~10m位で反応して欲しいので、それらに対応できる読取器
を使います。
弊社は、これら人の出入りから車の出入り等における各種システムを用意致しておりますので、ご相談
くだされば最適なシステムをご提案させていただきます。(文責:製造部 鷲見)
お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP