駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>折れバー仕様のゲートの利点

駐車場ゲート通信

折れバー仕様のゲートの利点

カーゲート機器

2014年7月31日

■折れバー仕様とは

弊社のカーゲートには、3m、4m、6mの長さのストレートのゲートバーと、
折れバー仕様の4mゲートバーがあります。
今回は折れバー仕様について解説します。

まず、折れバーとは写真のように開状態のときに、ゲートバーの途中で
90°折れ曲がった状態になる仕様
を指します。
(写真は出荷前のテストの様子です)

 

折れバー仕様ゲート

■折れバーを利用する例

折れバーの最大の特長は、ゲートの上空に必要なスペースが他のゲートバーより
少なくて済む
ということです。
つまり、天井がある屋内で利用することが可能です。

たとえば、立体駐車場の中や工場内部での利用が考えられます。
工場内部では、フォークリフトの通行制限をするために設置した例もあります。

弊社の折れバー仕様のカーゲートは、おおよそ3mの高さの天井があれば設置可能です。
天井があって、通常のカーゲートが設置できないような箇所にカーゲートをご検討の方は
ぜひご相談ください。(文責:リモコンゲート担当 岩崎)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP