駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>ループコイルの設置方法

駐車場ゲート通信

ループコイルの設置方法

技術情報

2016年6月24日

駐車場などで車両を検知するものとしてループコイルが用いられます。
今回はそのループコイルをどのように設置するのかご紹介します。
ループコイルは車両を検知する目的で設置するため、車両が通過する地中に埋設します。

ループコイルを埋設する前の路面

上の写真は、アスファルト舗装を行う前の路盤が整正された写真です。
新設する舗装にはこの状態からループコイル設置を行います。

ループコイル埋設位置のマーキング

設置する位置にマーキングを行い、ループコイルをセットする部分だけ5cm~10cm程度土砂を掘り起こし、ループコイルを配置します。

ループコイルを埋設した後の土砂の埋戻し作業

ループコイルを配置したら土砂を埋戻し、再び路盤を整正します。

ループコイルの設置完了

ループコイルの設置が完了しました。
あとは舗装業者さんが仕上げの舗装をして完成となります。

このように新設の舗装の場合は、ループコイルが埋設されていて見えないため舗装の見栄えに影響なく仕上がります。
このほか既存の舗装に対してもループコイルを設置する方法があります。

駐車場工事の際は、一度ご相談いただければと思います。(文責:製造部  太田)

【ループコイル関連記事】
駐車場の「ループコイル」の役割と施工方法
イプロス:「ループコイル」の役割と施工方法
ループコイルの設置方法
ループコイルあってこそのカーゲート
ループコイルと車両検知・ゲート開閉の関係
ループコイル検知を利用した運用方法

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP