駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME駐車場ゲート通信>セキュリティ強化

駐車場ゲート通信

■求められる「食の安全」

「フードディフェンス(食品防御)」という用語がはじめて登場したのは2010年で、ISO22000と
PAS220を満たす規格で、2000年に発足したGFSI(世界職員安全イニシアティブ)が推奨して
います。
フードディフェンスとは、食品への意図的な異物の混入を防止する取組みのことです。
原料調達から販売までのすべての段階において、人為的に毒物などが混入されることのない
ように監視するもので「食品防御」とも訳されます。

2013年の末に日本中を騒がせた「アクリフーズ」の農薬混入事件は記憶に新しいことと
思います。
中国の冷凍ギョーザで中毒が起きた事件(2008年)以降、食品に関わる企業では、食品の
安全を守る「フードディフェンス(食品防御)」への意識が高まりました。
しかしながら、日本のフードディフェンスの歴史はまだ浅く、このような農薬混入事件が起きて
しまいました。

事件はいったい何故起きて、どうしたら防げたのでしょうか。

■事件の概要

アクリフーズの農薬混入事件は、会社の待遇に不満を持った契約社員による犯行でした。
犯人は自分の持ち場以外にも自由に出入することができ、所在確認などの管理
なされていませんでした。

「悪意を持った人間は外からやってくる」という認識によって、侵入防止等の防犯
は行っていたようですが、内部犯行の対策は不十分であったと、アクリフーズ側が
認めています。

■事件を招いた原因

性善説に基づいた考え方
組織内には悪意を持った人間がいないと言う「性善説」に基づき、
従業員の管理・監視を怠った。
従業員に不満を持たせた
給与体系の変更によって、内部に不満を持った従業員を発生させてしまった。
●事件対応の遅れ
異臭の苦情を受けてから自主回収まで、1ヶ月半もの期間を要してしまった。

■内部犯も考慮した「フードディフェンス」が必要

ではどうしたら事件は防げたのでしょうか。
まずは従業員に犯行の動機を作らない、労働環境の改善でしょう。
しかしそれでも内部の犯行を完全に防ぐことは不可能であるということを認識することが
重要です。
  そこで・・・
悪意を持った人間が内部に存在することを前提にした、「性悪説」の視点からの対応
必要になってきます。

◎具体的には、関係者の行動制限・監視・記録を行うことです。

・従業員ごとに権限を設定し、関係部署以外への立ち入りを制限
・各部署に入場する際にICカードによる記録
・監視カメラによる撮影等で所在を明確化

ここまで行うことで、いつ誰がどこにいるかの把握が可能となり、事件が起こった際に
迅速な対応が可能
となります。

この対策を行った上で、関係者に管理をされている事実を伝え、もし事件を起こした場合
直ちに犯人が特定され、逮捕や懲戒免職等の不利益を被るなど従業員教育をします。
こうした心理的抑制をもって、事件の発生自体を防いでいくことが必要となります。

■できるところから対策を

完璧なフードディフェンスには、入退出管理・監視・記録といった大掛かりなシステムが
必要となってきます。
当然かかる費用も莫大となり、すぐには難しいかもしれません。

しかし、事件が起こってしまうと会社の社会的信頼の失墜株価の下落などを被る
損害が多大となってしまいます。
まずは今すぐできる対策から始めてみてはいかがでしょうか。


食品工場の出入口管理に用いられる人用入退ゲート

弊社では、車両や人の入退管理のシステム構築を得意としております。
食品テロへの恐怖へと進みかねない現状で、食品工場を経営されている企業さまは
まずフードディフェンス(食品防御)の第一歩を踏み出すべきではないでしょうか?
弊社は、その今すぐできる最初の一歩のお手伝いをさせていただきます。
ご興味のある食品会社さまは是非ご相談ください。(文責:営業部 岩崎)

工場のセキュリティー強化とテロ対策

セキュリティ強化

2014年3月19日

■オリンピック開催に向けたテロ対策

昨年9月「2020年東京オリンピック・パラリンピック」の開催が決定し、世界的なイ ベントの招致に
日本中が歓喜に包まれました。
オリンピック開催で世界中の目が東京に集まる中で、安心、安全に関心が寄せられています。
先の2012年ロンドンオリンピックの時には、開催地が決定した翌日に地下鉄爆破テロがあり、
オリンピック時のテロ対策が大きな話題となりました。

ここ日本でもオリンピック関連施設だけでなく、一般の工場や施設もいつテロの標的となるか
わかりません。
そこで、弊社ゲート製品の中でもテロ対策を意識したよりセキュリティーの高い機器をご紹介
いたします。

■車両も人もシャットアウトする「フェンスゲート」

工場・施設などへの車両の入退場規制を行うために正門などに設置するゲート装置は、従来は
バータイプのカーゲートか電動門扉が主流でした。
しかし、バータイプのゲート装置では人によるくぐり抜けや乗り越えを防ぐことができません
でした。

一方、電動門扉では人の侵入も防ぐことができましたが、門の開閉速度が遅く毎分25cmで、
6mの開口で約30秒かかります。
そのため、電動門扉での運用は、朝は門を開放し、夕方は閉めるといった運用にならざるを得ず、
無人での運用は不可能でした。


車両と人の侵入をシャットアウトするフェンスゲート

その点、フェンスゲートはバータイプのゲートと、電動門扉の両方の特長を備えているため、
車両と人の侵入を防ぎつつ、開閉速度も確保することができます。
その結果、有人ではよりいっそうの抑止効果が期待でき、無人での運用も可能となります。

■車両の侵入を強力に阻止する「ロードブロッカー」

従来型のバータイプのゲート装置は、ゲートバーに衝突した車両を保護する為にゲートバーが
折れやすくできています。
その為、テロ等を目的とした車両が強行突破を試みてきた場合、簡単に突破されてしまいます。

そこで、車両の強行突破に対応する為の装置として、弊社ではロードブロッカーをご用意
しております。
地面からせり出すロードブロッカーは、米国国務省(Department of State)が規定している
K4 Crash Testをクリアしています。
K4 Crash Testとは、重量が6800kgの車両を時速48kmで衝突させた時に、車両の主構造が
バリケードやフェンス設置位置より36インチ(91.4cm)以上前方に突出してはならないといった
テストで、かなりの強度を要求されます。


車両の侵入を強力に阻止するロードブロッカー

仮に車両が強行突破をしようとロードブロッカーに突入した場合、前車軸を破壊され、車両は
走行不能に陥ります

このような最強の侵入防止装置として活躍するロードブロッカーですが、地中埋設構造のため
既存の施設への設置も比較的容易にできます。

■ゲート機器を組み合わせてさらに強力なテロ対策を

上記のフェンスゲートやロードブロッカーは、機器単独でも強力なテロ対策機器となりますが、
他の装置と組み合わせることでより強力に働くことができます。
それには、対象の工場や施設が必要とするセキュリティレベルに合わせた組み合わせを導入
することが重要です。
テロ対策機器をお考えの方は、ゲート機器の専門に扱う弊社に是非お問合せください。
(文責:営業部 北瀬)

電動ゲートの種類について

セキュリティ強化

2014年3月7日

■電動ゲートの種類

「電動ゲート」と一言でいっても様々な種類があります。
利用するシーンが必要とする、セキュリティレベルに合わせた電動ゲートを
選択することで、最低限の経費でセキュリティ対策を行うことができます。

以下に弊社で扱っている電動ゲートの種類をご紹介いたします。

■バー式の電動ゲート

ゲートバーと呼ばれるバーが上下することにより、車両の通行を規制する
ゲートの総称をバー式の電動ゲートといいます。
弊社で取り揃えているバー式の電動ゲートとしては、以下のものがあります。

●カーゲート


cargate.jpg

カーゲートは、スタンダードなバー式の電動ゲートです。
有料駐車場や月極駐車場など、様々な駐車場の入口で目にする機会があると
思います。
カーゲートは、乗用車の入退場を規制するのに適しています。

●ハイパスゲート


ハイパスゲート

ハイパスゲートは、カーゲートの開閉速度を速めた上位のカーゲートです。
車両1台あたりの通過時間が短縮できる為、通勤時の混雑などに対応すること
ができます。

●フェンスゲート


blg76_top_R.jpg

フェンスゲートは、バー式のゲートの中では最もセキュリティレベルが高い
ゲート
です。
このゲートでは車両はもちろん、人の通行も規制できます。
高セキュリティが必要な重要施設の出入り口などに用いられます。

■チェーン式の電動ゲート


チェーンゲート設置写真

チェーンゲートは、チェーンを専用リモコンを使って上下させることで、車両の
通行を規制する電動ゲートです。
スマートなデザイン性が、マンションの出入口などに適しています。

■門扉式の電動ゲート


monpi.jpg

門扉が電動で開閉する方式の電動ゲートを、弊社では電動門扉と呼んでいます。
電動門扉は、車両・人の両方の通行を規制することができます。
主に高セキュリティレベルが必要な施設の出入口に用いられます。

■テロ対策用電動ゲート

テロ対策用の電動ゲートとして、弊社ではロードブロッカーを用意しております。
ロードブロッカーは、最高のセキュリティレベルを必要とする出入口に設置する
電動ゲートです。


ロードブロッカー

ロードブロッカーは、ゲートを突破して侵入しようとする車両の車軸を破壊する
ことで侵入を止める、もっとも頑丈なゲートです。
大使館空港などテロの恐れがある施設の出入口に適したゲートとなります。
車両の侵入阻止のみに有効であり、人の通行を規制するには別の製品と組み合わ
せる必要があります。

■運用に合わせた電動ゲート

上記のように、当社では様々な電動ゲートを取り揃えております。
また、これらの電動ゲートは、ICカードシステムタッチレスゲートシステムなどを
組み合わせて運用する必要があります。
電動ゲートの導入をお考えの際には、まずは弊社へご相談ください。
導入予定箇所に適した最適なゲートやシステムをご提案させていただきます。(文責: 営業部 岩崎)

安否確認のための工場セキュリティシステム

セキュリティ強化

2014年3月6日

●工場の安否確認対策

工場のセキュリティシステムは、お客さまの導入目的、規模、事業形態によって
様々なうえ、ご担当者の立場でも選択、検討課題がたくさんあります。
3.11の震災以降、施設内で緊急事態が起きた時の安否確認の危機感が高まって
います。そうした中で工場などの施設においても安否確認できるセキュリティ対策
のご要望が多いため、今回は、工場の車両・社員・来客の入退管理システムを
ご紹介し、安否確認に役立つことを知っていただければ幸甚です。
■簡易なセキュリティシステム
 入退場門にゲート装置を設置し、登録車両は登録証を守衛室の係員が確認し、
 遠隔操作(遠隔操作スイッチ)にてゲートバーを開放し車両を入場させます。
 この場合は、入退場履歴が残らないことがデメリットとなります。
  社員⇒係員が登録証を確認します。
  来客⇒受付にて入場者登録をします。
■安否確認に役立つICカードを利用するセキュリティシステム
 車両の管理システム車両用ICカードゲート
 写真は、工場で利用されているICカードゲートで、社員証など、現状で使用されて
いるICカードで車両の入退場ができます。
 ICカード(社員証など)を読み取るカードリーダをゲート装置と組み合わせた
 セキュリティシステムです。
 入退場時にカードリーダにカードをかざし照合、登録車両であればゲートバーが
 開放され、車両が通過できます。車両通過後に自動でゲートバーが下がります。
 人の管理システム:人用アクセスゲート
人の入退管理システム:人用アクセスゲート 
 こちらの写真は、人の入退管理をするためのゲートで、車両用と同じICカードを
使用して入退場
ができます。
<<社員の場合>>
 社員は、ICカードリーダ搭載の人用アクセスゲートで入退場規制を行います。
 カードリーダにカードをかざし照合、登録者であれば扉が開き通行できます。
 <<来客の場合>>
 来客(業者等部外者)は、車・人共に守衛室で受付し、ビジターカードで入場し、
 退場後は速やかに守衛室の係員にビジターカードを返却します。
 このシステムでは、管理パソコンを設置することにより入退場履歴とリアルタイム
での
在車車両、在者の確認ができます。
 これらのデータは、セキュリティー対策だけでなく、災害時や非常時の安否確認
 に役立てることができます。
■UHF帯を利用するハンズフリーシステム
車両の管理システム:タッチレスゲート
 Inbox3.jpg 
 こちらの写真は、タッチレスゲートで、ICカードでなく、UHF帯を利用したタグを使う
車両入退管理システム
です。
 このタグをバックミラー裏側に装着することで、カードリーダにカードをかざすことなく
 ハンズフリーでゲートを通過できるのが特長です。
 また、UHF/MIFAREのハイブリッドカードもオプションで用意しております。
 こちらは、1枚のカードで車両はタッチレスゲートで入退場でき、人はICカードで
 ゲートの入退場ができます。
 このカードは、追加で工場内の扉を電気錠化した場合にも利用でき、大変便利な
 セキュリティシステムです。
このように、弊社ではお客さまのご要望に合わせ、工場の車両と人のセキュリティ対策
に最善の方法をご提案させていただきます。
どうぞ、些細なことでもお気軽にお問合せください。(文責:営業部 北瀬)

テロ対策の決定版!車両進入防止装置とは

セキュリティ強化

2014年3月3日

■弊社の考えるテロ対策

昨今海外では、アルジェリアの日本企業天然ガス施設への企業テロやボストンマラソンで発生した
無差別テロが、日本でも大々的にメディアに取り上げられました。また東日本大震災におきましても、
国家重要施設の脆弱性が露呈し、国をあげてのテロへの取組みが少しずつ始まっています。
弊社では、駐車場システムで培った車両の流れを制御する技術を活かし、『敷地内への車両と
ひとの進入をさせないシステム
のご提案を行っています。

■ゲートによる車両規制

弊社の取り扱う敷地内への車両とひとの進入をさせないシステムをご紹介いたします。
 ロードブロッカーは、地中埋設した防壁がせり上がり突入してきた車両を破壊し停止させます。
 ゲートシステムの中では最強のシステムです。
 【用途例】 大使館、空港、モータープール、原子力発電所、原発関連施設

r_blocker_01.jpg
 フェンスゲートは、強力なバー式ゲートにアルミ製フェンスを取り付けたものです。
 フェンスが付いているため、特定の車両のみの入場を可能にして、部外者の侵入を防ぐことの
できるゲートです。
 特長としては、他の二つのゲートと比べ開閉スピードが速いことが挙げられます。
 またアルミのフェンスですので、強硬な突入には対応していません。但しバーそのものは鉄製
となっており、車両の侵入は妨げます。
 【用途例】 空港、モータープール、発電所、浄水場

blg76_top_R.jpg
 電動門扉、大型門扉を電動モータによって自動開閉させるゲートです。
 片開きと両開きがあり、材質もスティール塗装仕様とステンレス仕様とがあります。
 欠点としては、開閉に10秒から20秒と時間がかかるため、突入に対しては万全とはいえません。
【用途例】 発電所、浄水場、工場

monpi.jpg
その他様々な運用に合わせたシステムも御提案することが出来ます。
以上になりますが、上記にない事についてもご相談は承れますので、お気軽にお問合せください。(文責:営業部 武藤)

人用ゲートの基礎知識

セキュリティ強化

2014年2月10日

■人用ゲートとは

弊社が主に販売しているカーゲートは、道路に設置され車両の通行を規制し、
車両の入退管理を行なう障害物の役割を果たします。

それに対し、駅の改札や企業様の敷地内への入場口、アミューズメント施設
の入場口に設置され、人の通行を規制しているゲート機器を、弊社では人用
ゲート機器
として扱っております。

■さまざまなゲートタイプ

人用のゲートには様々なタイプがあります。
弊社ラインナップを参考に見てみますと、

エコパスゲート

エコパスゲートは、駅改札のような姿形をしており、カードリーダを本体へ
組み込んでカードをタッチするとゲートが開き通行することが一般的な運用方法
となります。
取り付けられたフラッパーは前後に動くことができ、許可されていない人は
フラッパーが閉じたままとなり通行ができないようになっています。

エコパスゲートはフルターンゲートとは異なり、上部が開放されていることから
飛び越えなどを防ぐことができません。センサーを設置して飛び越えがあった
場合に警報を鳴らす等の対応は可能ですが、やはり物理的に防ぐことができ
ないためセキュリティレベルは高いとはいえないゲートとなります。

一般的に飛び越えを行なって敷地内へ侵入するような方は、よほどのことが
ない限り考えられませんので、企業様などの入口部で採用されるケースが
最も多いゲートといえます。

エコパスゲートの種類は他の人用ゲートと比較し最も多く、各社さまざまな
タイプのゲートを用意されています。


epg_R.jpg

フルターンゲート

フルターンゲートは、人の身長以上ある、串状の回転式ゲートとなります。
カードリーダなどと組み合わせて運用し、一回の認証で1人分回転します。
簡単に乗り越えができないような構造となっており、セキュリティ性能が
高いことが特長です。

形状が串型となっているため、串部分に足を掛けて乗り越えるといった可能
性がありますので、屋外に設置される場合には屋根をつけることによって乗り
越えを防ぐようにレイアウトする必要があります。


rotor_1.jpg

■人用ゲート(エコパスゲート)は自転車の通行が可能か

弊社ラインナップにありますアクセスゲートは、一見自転車を押して通行可
能なように思えます。しかし、自転車の通行と人の通行は、ゲート内での動き
が異なるため、機械の方も異なった仕様である必要があります。

弊社では自転車及びバイクの通行に対し、専用のバイクゲートをご用意して
おり、人用ゲートと二輪用ゲートを分けるようにしております。

人用ゲートを二輪車を引いて通行すると、自転車がまだゲート内に残ってい
る状態でフラッパーが閉じてしまい、二輪車及びフラッパー部を破損する恐れ
があります。そのため人用と二輪車用は区別する必要があります。

■終わりに

人用ゲートについておおまかな内容を書かせていただきましたが、書いた
内容をまとめますと、、、

1、人用ゲートにはセキュリティレベルに応じてさまざまな種類がある

2、人用ゲートは一般的にカードリーダを組み込み運用される

3、人用ゲートは人専用通路であり、二輪車が通る場合は二輪車用ゲート
を設置する必要がある

となります。

「2、」に関しましては、暗証番号入力装置や遠隔操作用リモコンなどその他
の制御機器でも代替可能です(運用方法によってご検討する必要があります)。

以上になりますが、上記にない事についてもご相談は承れますので、お気軽に
お問合せください。(文責:営業部 武藤)

お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP