駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

駐車場ゲート通信

HOME>駐車場ゲート通信

駐車場ゲート通信

テロ対策の決定版!車両進入防止装置とは

セキュリティ強化

2014年3月3日

■弊社の考えるテロ対策

昨今海外では、アルジェリアの日本企業天然ガス施設への企業テロやボストンマラソンで発生した
無差別テロが、日本でも大々的にメディアに取り上げられました。また東日本大震災におきましても、
国家重要施設の脆弱性が露呈し、国をあげてのテロへの取組みが少しずつ始まっています。
弊社では、駐車場システムで培った車両の流れを制御する技術を活かし、『敷地内への車両と
ひとの進入をさせないシステム
のご提案を行っています。

■ゲートによる車両規制

弊社の取り扱う敷地内への車両とひとの進入をさせないシステムをご紹介いたします。
 ロードブロッカーは、地中埋設した防壁がせり上がり突入してきた車両を破壊し停止させます。
 ゲートシステムの中では最強のシステムです。
 【用途例】 大使館、空港、モータープール、原子力発電所、原発関連施設

r_blocker_01.jpg
 フェンスゲートは、強力なバー式ゲートにアルミ製フェンスを取り付けたものです。
 フェンスが付いているため、特定の車両のみの入場を可能にして、部外者の侵入を防ぐことの
できるゲートです。
 特長としては、他の二つのゲートと比べ開閉スピードが速いことが挙げられます。
 またアルミのフェンスですので、強硬な突入には対応していません。但しバーそのものは鉄製
となっており、車両の侵入は妨げます。
 【用途例】 空港、モータープール、発電所、浄水場

blg76_top_R.jpg
 電動門扉、大型門扉を電動モータによって自動開閉させるゲートです。
 片開きと両開きがあり、材質もスティール塗装仕様とステンレス仕様とがあります。
 欠点としては、開閉に10秒から20秒と時間がかかるため、突入に対しては万全とはいえません。
【用途例】 発電所、浄水場、工場

monpi.jpg
その他様々な運用に合わせたシステムも御提案することが出来ます。
以上になりますが、上記にない事についてもご相談は承れますので、お気軽にお問合せください。(文責:営業部 武藤)

ゲートシステムを利用した入退管理

カーゲート機器

2014年2月28日

■ゲートと入退管理

ゲートを利用した入退管理といった場合、運用方法によって導入するシステムが
異なってきます。

工場にICカードシステムを導入した場合を例にとりますと(ICカードをかざして
通行するシステム)、下記のようなシステムが考えられます。

①カードリーダにICカードを認証すると自動で履歴を取るシステム


イメージ.jpg

②カードリーダにICカードをかざしても履歴を取らないシステム


aaaaa.jpg

①の場合、関係者及び一時利用者ともにカードをかざせば通行履歴を取ることが
できます。通行履歴を取り、履歴情報を管理するために管理ソフト及びソフトを
インストールするPC端末が必要になります。

②の場合、守衛で通行時間や通行者情報を書きとめ、カードを貸し出す等の運用に
よって入退管理する方法があります。この場合、ICカードは通行許可証としての
役割のみ
が与えられますが、カードをかざしても通行履歴を取りません。

上記のようにICカードを利用した入退管理には大きく2パターンを検討することが
できます。

■車両用ゲートと人用ゲート

入退管理には人用ゲート(屋内ドアや屋外に設置する人用ゲート)と車両用ゲー
を利用した管理があります。

それぞれのゲートごとにカードが異なると、所持するカード数が増えてしまうため
同一カードで各ゲートを通行するようなシステムを構築するお客さまもあります。


bbbbbbb.jpg

同じカードをさまざまな機器で利用したい場合は、お客さまとの入念な打合せ
が必要になりますのでご相談ください。

上記では車両用ゲートと人用ゲートを図示していますが、部屋ごとに取り付けた
ICカードリーダとの連動など、ICカードを利用する他機器との連動も可能です。

■入退管理の検討について

一概に入退管理といってもセキュリティレベルに応じてや、屋内だけなのか屋外も
行なうのかといった、管理する範囲などによってご提案するシステムが異なります。

入退管理を検討をしていく中でも、車両用ゲートと人用ゲート、屋内の入退管理
システム等を分けて考えてしまうと、場所に応じてセキュリティレベルがバラバラに
なり、不要なシステムを導入してしまうリスクがあります。
そこで、最初にどこまでのセキュリティをやり、最終的にどういったセキュリティを
構築するのかまでの、プランを十分に練ることで不要な機器を導入するリスクを
減らすことができます。

また、セキュリティシステムを導入するということは、セキュリティレベルに比例して
利便性が下がってしまいます。
例えば、普段何もせず通行していたドアも、カードをかざしたり指紋認証するように
なれば、そのドアを利用していた人からは不満が出てきます。セキュリティ導入と
利便性が相反するため、検討される場合にはセキュリティと利便性両方の比重を
考えて導入するシステムを決められると良いかもしれません。

以上、車両用ゲート人用ゲート、部屋の入退管理などを織り交ぜながら、入退管理
について説明しましたが、うまく説明出来ているか分かりません。
「こういったことが知りたい!」等ございましたら、お気軽にお問合せいただければ
幸いです。(文責:営業部 武藤)

コイン式ゲート駐車場をお薦めする理由

カーゲート機器

2014年2月27日

■コイン(メダル)で開閉する駐車場システム

弊社の駐車場システムは、料金を徴収するタイプ徴収しないタイプの2種類を販売しています。
 ●料金を徴収するタイプ⇒ゲートバー式フラップ式
機器を設置して駐車場利用者から料金を徴収することを目的とします。
 ●料金を徴収しないタイプ
    ゲートバー式と認証機器を組み合わせ特定の車両を出入させ部外車両の侵入を防止する
ことが目的の商品です。
    ↓↓↓
中でも、メダルで開閉する駐車場システムは最も安価なタイプの駐車場システムです。
※弊社ではコイン=貨幣(硬貨)メダル=貨幣ではないものと区別しております。

メダル式ゲート

■小規模駐車場の出入管理にお薦め

メダルゲートシステムは、メダルを収受機の投入口に入れると、ゲートバーが開き通過できる
簡単なシステムです。
店舗の駐車場や、クリニック、治療院などの駐車場で、会計時に利用者にメダルを渡すことで、
利用者以外の車両の無断駐車を防ぎます!
◎20台程度の駐車場なら料金を徴収する料金精算システムより安価!
◎なおかつ特定車両以外の車の出入が管理可能なシステム!
  料金を徴収するシステムまでは…といったお客様にお薦めです。

■運用例(店舗の場合)

①お客様は、駐車場のご利用前にお店から専用メダルをもらう。
②メダルを収受機の投入口に入れ、駐車場に駐車する。
③退場はフリー。ゲートに近づけばゲートバーが開き出庫する。
以上のような運用となります。
料金精算システムより簡単で、はるかに安いメダル式ゲートの駐車場システムをご検討の方は
是非、お気軽にお問い合わせください。(文責:営業 玉腰)

■ETCのようにスムーズに通行

『出入口にゲートを設置してリモコンICカードをかざして通行するシステム』
を、弊社では扱っております。

しかし、リモコン操作やICカード認証をする場合、通行許可するための器具を
わざわざ操作しなければいけません。
そういった煩わしさを無くすために、今回弊社では、ETC車載器を利用した
DSRCゲートシステムタッチレスゲートシステムをご紹介いたします。

■DSRC <dedicated short range communications> とは

DSRCとは、高速で大容量の双方向通信を可能とする技術のことを指します。
DSRCという用語はITS(高速道路交通システム)といった名前でも呼ばれており、
高速道路のサービスエリアなどで見かけることがあります。

一般的なETC車載器は、このDSRC通信方式が使われており、2006年3月の
ETC車載器IDの民間開放を受け、徐々にDSRCを利用した設備が増えています。

■DSRC技術を利用したゲートシステム

商業施設やマンションなどの駐車場に、
『リモコンやカードの代替品としてDSRCを利用したゲートシステム』
を、弊社ではご用意しております。

ETC車載器IDを事前に登録しておき、登録されたETC車載器を積んだ車両の
通行を可能にします。ハンズフリーでゲートが開くため、リモコン操作やカードを
かざすなどの操作が不要
になります。

■DSRC技術を利用しないゲートシステム

DSRCゲートシステムは、現在特注対応品としての扱いで、弊社では都度システ
ム設計を行ない対応させていただいております。
DSRCゲートシステム以外にも、弊社ではタッチレスゲートシステムというハンズ
フリーで通行可能なシステムをご用意しております。


touch01.jpg

タッチレスゲートシステムは、車両のバックミラーやサンバイザー部に専用タグ
又はカードを取り付けて、取り付けたカードを専用のアンテナで読取り、登録車両
を通行させるシステムです。

タッチレスゲートシステムはRFID(電波を介して情報を読み取る自動認識技術)
を利用
しております。

ETCのようにハンズフリーで通行させるゲートシステムをご検討されている場合
には、ご検討されている運用状況に合わせたシステムをご提案できますので、
お気軽にお問合せください。(文責:営業 武藤)

■チェーンゲートについて

弊社で主に扱っているゲートは、ゲートバーが上部へ上がることで車両の通行が可能に
なるタイプのバーゲートですが、ゲートバータイプ以外にも弊社ではチェーンゲートも取り
扱っています。

チェーンゲート設置写真

チェーンゲートは、車路の両脇に主機と補機の2台を取付けて、その間にチェーンを張って
車両の進入を防ぎます。

一般的にマンション職員駐車場の出入口に設置し、利用者に無線リモコンを配布して
運用します。

■チェーンゲートの開閉動作について

一般的にチェーンゲートは「開ボタン」のみを備えた1点式無線リモコン
使用します。無線リモコンで開操作をするとチェーンが下りて車両の通行が
可能になります。

閉動作は主機と補機間に光電センサーが通っており、光電センサーが通過
車両を検知してチェーンを上げます。

■チェーンゲートのさまざまな運用

無線リモコン以外にも、さまざまな機器と組み合わせることができます。
例えばICカードを使用したシステムにしたり、メダルを使用したりと
お客さまの運用方法に応じたシステムにチェーンゲートを組み入れる
ことが可能です。

■安全性にも配慮した機器仕様

通行可否を示す青赤シグナル夜間照明反射板付きチェーンなどを
標準装備しており、利用者の安全性にも配慮しております。

 

チェーンゲートに関わらず、その他のシステムのことでもお気軽にお問合せください。(文責:営業部 岩崎)

ICカードで車両の出入りを管理するゲート

車両入退出管理

2014年2月21日

■ICカードの利用

昨今ICカードを利用したシステムがまちなかに溢れています。
SUICAを利用した駅の改札、Edyを利用した自動販売機、コンビニなどの支払いがタッチで
すべてできるので簡単!便利!
また磁気カードや切符などを読み込む媒体では認証部分が消耗し交換の必要がありましたが、
ICカードは電波でデータを読み込むため消耗部分がなく、何度も使用できます。
ICカードはとってもエコなシステムなのです。

iccard01.jpg

■ICカードによる車両ゲート管理

弊社ではICカードを利用た車両のゲートシステムを販売しています。
ICカードをカードリーダの読取部に近づけるだけでデータを読み取り、照合後ゲートを通過できる
システムです。
工場従業員やマンション住民、施設職員など、関係者の入退出管理をし、部外車両の侵入を防ぎ
ます
対応ICカードはI-code、mifareの2タイプを用意しています。

iccard02.jpg

■カードリーダ組込も可能

弊社のカーゲートは、ICカードリーダ以外でも、御社のICカードリーダを組込み、カーゲートを動かす
システムも構築することが出来ます。
接点出力にて認証OKの信号を出力頂ければ、カーゲートを開け車両が通過したら閉まるまでの制御
は、弊社システムにて行います。

CropperCapture[1].JPG
このような、ICカードとカードリーダを利用した車両入退管理をご希望で、新たに弊社の駐車場ゲート
を設置させていただいた導入例はたくさんあります。
ICカードを利用してカーゲートシステムをご検討のお方は是非、お気軽にお問合せください。
その他様々な運用に合わせたシステムも御提案することが出来ます。(文責:営業部 玉腰)

■ループコイルってどんなもの?

ループコイルとは駐車場システム、カーゲートシステムなどカーゲート(遮断機)を
利用したシステムには無くてはならないセンサーとなります。
ループコイルとは、車両の金属部分を検出するセンサーです。
そのセンサーを利用して、駐車場システムで車両がどこにいるのかを検出しながら
駐車券を発行したり、カーゲートを開けたり、閉めたり、車両の台数をカウントするなどの
システム作りがループコイルのお役目です。

ループコイルの役割

■ループコイルはどんな仕組みで車両を検出するの?

ループコイルの形状は特殊な電線をループ状に丸めた形をしています。
それとループ感知器を組み合わせて、車両の金属部分を検出するセンサーとなります。
ループコイルは車両の通過する道路に埋設します。
道路面から大体5cm~10cmくらい下に埋まっています。
埋設するにはカッター施工(道路面をアスファルトカッターでカットし埋設する方法。)や
新設埋設(アスファルトを打設する前に路盤に埋設する方法)などがあります。

ループコイル埋設の種類

■ループコイルは駐車場システムには必ず必要?

現在車両を確実に検出するためのセンサーは、ループコイルが一番確実且つ安価だと
言われています。
そのため弊社では、駐車場システム及びカーゲートを利用したシステムの制御には必ず
ループコイルを使用
します。
例外として、路面が金属式の立体駐車場やどうしてもループコイルが埋設出来ない場所には
光電式のセンサーを使用することもあります。
しかし光電式センサーはどうしても確実性が無く、誤検知、日光などで反応しない場合なども
あり、お薦め出来ないです。
また最近では、電気自動車の普及で車体を軽くするため金属部分を極力少なくした車両なども
市販されるようになりました。
そのため、そういった車両が出入する駐車場では、ループコイルがうまく反応しないといった
話もお聞きします。
こういった状況も踏まえ、弊社ではループコイルに変わるセンサーについて色々検討をしています。
ループコイルに変わるセンサーで何か良いものをご存知の方は、ぜひご連絡ください
この他、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。(文責:営業部 玉腰)

工事現場の入退管理の目的と手段について

車両入退出管理

2014年2月19日

■工事現場の入退管理

昨今、工事現場では、人の出入管理について厳しく管理するような風潮となってきました。
具体的には工事現場に誰がいて、何時に入って何時に出た、といった入退管理。
また、健康状態までもが厳しく管理されています。
これは、事故や災害が発生した際に的確に現状把握をして、作業員の安全を確保するための
安否確認を目的とした管理です。
また入退管理をすることにより、部外者が現場に進入した際に、窃盗、事故、犯罪などを未然に防ぐ
ことも出来ます。

■人の履歴の管理のために

入退管理で代表的なシステムはICカードシステムです。
入場時は入場用カードリーダにICカードをかざし入場する。
退場時は退場用カードリーダにICカードをかざし退場する。
そうすることで入った時間と出た時間が管理でき、現場に誰が残っているかといった
人の入退管理が可能となります。



iccard01.jpg

■車両の出入管理

またICカードを車両運転手に渡し、出入管理をすることで車両の履歴も管理できます。

iccard02.jpg

■まずは車両の出入管理から

弊社では、まず履歴管理の前に部外車両の進入を防止するカーゲートの設置をお薦めしています。
履歴を管理するシステムは高価で、システム構築がなかなか難しいといった現状があります。
まずは安価なカーゲートを設置して、車両の出入を管理されてみてはいかがでしょうか?
弊社のカーゲート導入事例は多数ありますので、是非お気軽にお問い合わせください。

タッチレス3_R.jpg
その他いろいろなシステムを取り揃えています。ご質問がありましたらお問い合わせください。
(文責:営業部 玉腰)

■駐車場台数により管理方法が変化

駐車場の管理方法は2種類に分かれます。
*カーゲート(遮断機)での管理
*フラップ板での管理

お客さまには、駐車台数により御提案するシステムを変えています。

・管理したい土地の敷地が少なく、あまり駐車台数が確保できない。
・駐車場へのアプローチを確保できない。
・30台以下の駐車場である。
↓↓↓
 フラップ板での駐車場管理


フラップ式精算システム

・管理したい土地の敷地が広く、たくさんの駐車台数が確保できる。
・30台以上の駐車場である。
↓↓↓
カーゲートでの駐車場管理


料金精算システム

■カーゲートによる有料駐車場管理の特長

●カーゲートで駐車場を管理することで、利用されるお客さまにとって
使いやすい駐車場になります。

●フラップ板の駐車場は、駐車スペースに駐車する際に
バックが苦手な方にとって、かなり苦痛な作業となります。

●カーゲートで駐車場管理を行うと、入口で駐車券を取って駐車するため
駐車スペースへ駐車する際のわずらわしさがなくなります。

 ◎ いろんな方がご利用になる病院さま、市役所さまへは
カーゲートでの有料駐車場システムがお薦めです。

■有料駐車場のカーゲート単体販売

また上記の、そこまでの管理を求めていないお客さま、カーゲートのみが
欲しいお客さま向けに、カーゲートのみの販売もしております。

「料金は取らないけれど、有料駐車場に設置してあるカーゲートを設置して
無断駐車対策をしたい。」
「有料駐車場に設置してあるカーゲートを利用して、独自のゲートシステム
を構築したい。」


月極駐車場のリモコンゲート

 ◎皆さまのご意見を参考に単体での販売をしています。
ぜひリモコンゲートページも御覧ください。

その他、様々な運用に合わせたシステムも御提案することが出来ます。
こんなシステムは出来ないか?カーゲートについて聞きたいなどのご相談は
いつでも承れますので、お気軽にお問合せください。(文責:営業部 玉腰)

駐車場ゲートの価格

カーゲート機器

2014年2月13日

■駐車場ゲートの価格について知りたい!!

弊社ホームページへのお問い合わせ第一位はこの「ゲート価格」についてのお問い合わせです。
いままでは駐車場システム(料金を徴収するシステム)として販売するメーカーが多く、金額も
工事含めて1000万円なんてお話が一般的でした。
駐車場の料金精算システムは様々な認証機器が組み合わさった機器の集合体です。
・駐車券で入庫時間から料金を計算するプログラム
・お札、小銭を認識するセンサー
・車両を認識するセンサー
・通行中の車両の安全を確保するセンサー …etc
それに土木基礎工事、電気を引っ張ってくる工事、道路面を舗装する工事…
なんだかんだで金額が高くなってしまうシステムなのです。
しかしお客様のお話をお伺いすると、
「料金は徴収しなくてもいいので金額が安価なゲートが欲しい!」
というお話がほとんどでした。
そこで弊社は安価で駐車場のゲート(遮断機部分のみ)がご購入出来る
リモコンゲートの仕組み
を考えました。

cargate

■ご要望に応えたリモコンゲートの販売

お客様のご要望の多くが、
*ゲートを設置して部外車両を防ぎたい。
*とにかく安価にゲートを導入したい。
*単純な仕組みの機械はないのか?
とのご要望でした。
そこでゲートがただ開き、閉まるシステム「リモコンゲートを御提案いたしました!
カーゲートとリモコンを制御するだけのシステムで完結するため安価に値段も抑えられ
お客様のご要望にもお応え出来ました。

car_01.gif
安価にゲートを導入したいお方は是非、お気軽にお問合せください。
その他様々な運用に合わせたシステムも御提案することが出来ます。
ぜひホームページを隅々まで御覧ください。(文責:営業部 玉腰)
お問い合わせ電話番号

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求はこちら

カテゴリ

月別アーカイブ

安全対策

WEBで簡単購入

お客様サポート

保守サービス

保守サービス

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

全国特約店一覧

全国特約店一覧

カーゲート販売から施工・メンテナンスまで、当社公認の特約店が請け負います。

全国施工エリア一覧

全国施工エリア一覧

よくある質問

よくある質問

WEBで簡単購入
駐車場ゲート通信

駐車場ゲートや工場、施設のセキュリティゲート等、当社の扱う製品や関連事項について、担当者が得意分野の情報発信をしています。

新着記事

PAGETOP